アニメーション演出家「天衝」のページです
001

フリーでアニメの演出をやっています
宜しくおねがいします
twitter:http://twitter.com/tensho_tw

―最近の仕事―

現在、新作準備中


2013 『きんいろモザイク』監督
     http://www.kinmosa.com/

2012『リトルバスターズ!』(OP原画・1話原画)

  『この中に1人、妹がいる!』(2話コンテ・演出 7話コンテ・演出・原画 etc...)

  『織田信奈の野望』(6話 コンテ)
   『織田信奈の野望』のコンテのページ

  『ハイスクールDxD』(10話 コンテ)
   『ハイスクールDxD』のコンテのページ

 ※以下、「天衝」名義以前の仕事です

2011『Rewrite』アニメーションOP(監督、デザイン、原画...etc)
http://www.youtube.com/watch?v=yegE5ai9abQ
※美少女ゲームの最大手、ビジュアルアーツ(Key)さんの最新作です。 
 作中に流れるアニメーションOPを作成させて頂きました。 色彩設計はうちの嫁さんです。
 『Rewriteパーフェクトビジュアルブック』という本に、私のコメントやキャラクター設定などが乗っております。
 ゲームの初回特典に掲載されている私の絵コンテですが、あれは実は私のLO(レイアウト)です。あのコンテは形として、後から制作に作って頂きました。
 コンテは作成せずに、曲にあわせたラフ動画をビジュアルアーツさんとやり取りしながら、ブラッシュアップしていきました。
 ラフやLOは、アフターエフェクトに取り込んで、私がすべて原撮、プレミアで仮編集しています。
  特効や、一部背景なども手がけています。オカ研集合絵やラストの全員集合カットは、線画(SAIで作画)から、塗り(フォトショップCS5)までやりました。
 『Rewrite』以降、私の作業は半分デジタル化になりました。 
 ゲームのほうも、そうとう面白いです。笑えて、泣けて、かっこいい! 是非プレイしてみて下さい。 そして、
 TVアニメ化のお誘い、お待ちしております! TVアニメ化のお誘い、お待ちしております!
『Rewrite』の原画のページ
 
2010『刀語』七話(コンテ、演出、作画監督、原画300カット)
   http://www.katanagatari.com/special/pv_dj07.html
   ※一時間番組です。600カット中、半分原画を担当しました。作監も、本来は二人体制なのですが、一人でやらせて頂きました。
    総作監修正もいっさい入っていませんので、私の色が強く出た、かなり異色な話数になっております。
    上のPVでは見れませんが、『奇々怪界』などをモチーフにした2Dシーンなど、いろいろ頑張りました。
   『刀語』の原画のページ

2009『ティアーズ・トゥ・ティアラ』PS3版PV演出、各話演出・作監  
以前  ※TTTは16話がお気に入りです。作画とアクションに気合入れました。3話のバトルもがんばりました(アクションシーンはほとんど私が担当)。
     私の話数は総作監修正が基本入らなかった為、キャラクターの感じが少し違いますね。
     主人公・アルサル役の石井さん達と、ツーリングに行ったりもしました。
   『ティアーズ・トゥ・ティアラ』の原画のページ

   『うたわれるもの』OP演出、5話演出・作監  
    ※OPで、曲の出だしのカウントを曲と勘違いして映像を作ってしまった。そしたら音響さんが機転を利かせて入れてくれたSEが、あの冒頭の「キンキンキンキン!」ですw 
    ※5話放送直後、かなりの反響がありました。『うたわれ』は、いい思い出です。『うたらじ』の温泉旅行にも同行させていただきました。 ムックル役の下山君と、妙に気が合った思い出がw

   他、いろいろやっています。  
お仕事ご依頼


■2013-09-27

TVアニメ『きんいろモザイク』がついに最終回を迎えました。
放映中はインターネットの感想などを沢山拝見させて頂き、多くの皆さんがこの作品を愛してくれているのが伝わり大変励みになりました。
最後までご視聴して頂いた皆様、本当にありがとうございました。

1クールという、放映期間にするとわずか3ヶ月という短い期間ですが、
私が『きんいろモザイク』に関わった期間は1年以上になります。
パソコンのメール履歴を辿ってみると、始めに企画を頂いたのが12年の1月半ば。
そこから企画が通り、監督として本決まりしたのが3月の半ば。ここから『きんいろモザイク』が本格的に始動開始しました。

始めにメールでお話を頂いた時、後で原作を頂けるという話でしたが、その場ですぐに通販で注文し、翌日には原作のとりこになっていました。
ただ、その時点では原作があまりに眩しすぎて、このきれいな作品を汚してはならない、自分にはきっと縁のない作品だろう・・・位に思っていて、
(他にも監督候補は何人かいるとのお話だったので)監督に決まったときは正直驚きました。

でもやるからには、このきれいな作品を最高な形でお届けしたい、
そのためにはまず何をすべきか?
と思ったときに、真っ先に思ったのは、『いい人』になろう。でした(笑)
なぜか、この作品を作る人は、皆『いい人』でないと成功しない気がしたので。

幸い、五組さんをはじめ、『きんモザ』スタッフは皆いい人ばっかりでした。
制作現場が殺伐としていて、怒鳴り声が上がっているような現場では、『きんモザ』は生まれなかったと思います。
『きんモザ』はスタッフに恵まれて完成した作品だと思っています。

最終回について。
『きんいろモザイク』は、忍やアリス達とのなにげない日常を楽しむアニメとして作っています。シリアス要素やドラマチックな要素は入れていません。
なにげない日常で一度『休憩』して、いつの日か、ふと忍達が戻って来られるような作りで終わらせました。
ドラマチックに終わらせてしまうと、そこでバイバイになってしまいますから。
今回の『きんいろモザイク』としてのお話は12話Aパートで一度区切りをつけています。2年生に進級するまでですね。
Bパートは丸ごとおまけエピソードとして作っています。実は、時間的に1年生の時のエピソードなんです。
1年生の時のとある日常のお話。

最終話ミュージカルについて。
ミュージカルをやろうという話は、私からの提案でした。それを、シリーズ構成の綾奈さんに投げて脚本を書いてもらい、作曲家の方に音楽を作ってもらいました。
トータルで約6分のミュージカルです。完成脚本を読んで、まず完成度の高さに驚き、その後上がってきたミュージカルのデモを聞いて鳥肌が立ちました。
会議室の全員で拍手喝采したのを今でも覚えています。
ミュージカルパートの歌はアフレコ前に事前録音を済ませてあり、それを洋画アニメーションのように、歌と声に合わせてコンテを描いていきました。
(最終話のBパートは私がコンテを描き、ミュージカルパートの演出までをやっています)
ミュージカルパートだけで150カットあります。これは、通常のアニメの半パート以上に相当します。
作品の追い込みの佳境の中、無謀ともいえる内容でしたが、現場スタッフがギリギリまで頑張ってくれたおかげでなんとか完成する事ができました。

2期について。
2期の展開は今後の売れ行きや盛り上がりにかかってくるとは思いますが、スタッフは皆、顔を合わす度に「2期やりたい」って言っていますね。
私は、4期までやりたいです。

最後に、スタッフのみなさん、本当にお疲れ様でした。そして『きんモザ』ファンのみなさん、ありがとうございました。
そして、こんな素晴らしい作品を生み出してくれた原作者の原先生、原先生を支えて下さっている芳文社編集のIさん、本当にありがとうございました!


今から1年ほど前に私が描いたイメージボードです。


■2013-07-12

ついに放映開始されました、TVアニメ『きんいろモザイク』。第1話が予想以上の好評を得られ、とてもありがたいです!
1話は、プロローグ的な作りをしていますので、2話からが『きんいろモザイク』の本格スタートになります。
最終回まで、よろしくお願いします!

そして、1話の舞台となったイギリスには、昨年の10月に取材を行ってまいりました!
その時の写真を、少し公開したいと思います。
(写真をクリックするとページに飛びます)



ちなみに、アリスの家のモデルとなった家は、宿泊施設の為、実際に泊まる事が出来ます。

↓フォス・ファームハウスのHP
http://www.fossefarmhouse.com/Fosse_Farmhouse/Japanese_-_Fosse_Farmhouse_b%26b,_guesthouse,_hotel,_accommodation,_self_catering,_castle_combe..html



■2013-03-23

ようやく公式発表されました。『きんいろモザイク』で監督をやらせて頂いています!
夏放映予定です。よろしくお願いします!

脚本・シリーズ構成は『電波女と青春男』『夏色キセキ』などで活躍の綾奈ゆにこさん。
作品をすごく愛して下さっていて、素晴らしい脚本を書き上げてくださりました!

キャラクターデザインは『はいたい七葉』などのキャラクターデザインも手がけている植田和幸さん。
今公開されているデザイン画は、実はキャラクターデザインオーディションの際に描いた『ラフ』なのです。
『ラフ』とは思えない仕上がりですけど^^; 現在はさらにブラッシュアップされているので、公開をお楽しみに!

そして、制作会社はStudio五組さんです。
かなり本気でスタッフィングしてもらっています。すごく頼もしい会社です!

先日キャストの方々と顔合わせもしてきました。みなさんやる気十分で、アフレコが今から楽しみです。
ベストなコンディションでアフレコ出来るように、現場一同頑張ってます!

今月末のアニメコンテンツエキスポでは新PVも公開される予定です。
ひょっとしたら、動くアリスや忍達を見れるかもしれません。こちらもお楽しみに!



■2013-01-08

明けましておめでとうございます。
今年はメインでやらせて頂いている作品がついに放映されます!
タイトルや放映時期はまだ言えないのですが、スタッフ一同気合入れて頑張っています^^
今年も、よろしくお願いします!

私が以前お手伝いさせて頂いた『織田信奈の野望』6話の絵コンテを公開させて頂きました。
画像をクリックすると、コンテのページに飛びます。





■2012-09-20

『この中に1人、妹がいる!』自分の担当作業分がすべて終了しました。

五組さんに席を置かせて頂き、数ヶ月。 1クールなのであっという間でしたが、割とがっつり、最後まで参加させて頂きました。
ここ数年は、戦記ものや、ファンタジー要素の強い作品に参加させて頂くことが多かったので、学園物の作品は久々で面白かったです。
7話は特に、いろいろと遊ばせて頂きました(笑) 視聴者の方々によろこんで貰えたようで、嬉しいです^^


私の次回作についてですが、
まだまだ正式発表は先になりそうです^^;
これからこの作品にかかりきりになりますので、暫くは潜伏期間に入ります。
進行具合は今のところ順調!
いい作品になるよう頑張ります!!



■2012-07-21

『Rewrite』2ndOPアニメーションムービーが、YouTubeにて、100万再生を突破しました!

それと、『リトルバスターズ!』の原画を少しお手伝いさせて頂く事になりました。
今は演出業中心の活動にしたいので、あまり原画のお手伝いお仕事はさせて頂いてはいないのですが、ビジュアルアーツさんの作品は自分の中では特別。
JCスタッフさんとのお仕事も久しぶりです^^



■2012-05-03

ツイッター始めてみました。
宜しくお願いします。
http://twitter.com/tensho_tw



■2012-04-28

『ハイスクールDxD』10話の絵コンテを少し、上げてみました。



「ハイスクールDxD」のコンテのページ



■2012-04-24

アドビの『CS6』が発売されるそうです。
フォトショップとかのシリーズです。
私が今使っているのは、『CS5』

もはや、これナシでは仕事ができません…。



『フォトショップ』単品で買うよりは、パッケージで買うのがお得です。
私が購入したのは、『ProductionPremium』。
この中には他に、映像業界御用達の撮影ソフトである、『アフターエフェクト』や、編集ソフトの『プレミア』、音楽編集の『サウンドブース』、画像閲覧の『ブリッジ』、
他に『イラストレーター』などがぎっしり詰まっています。
ちなみにこれ、まともに買うと26万円します。
フォトショップ単品では14万ほど…。
(ちなみに、イラストだけ描きたい方は『SAI』というソフトがお勧めです。これなら5000円で買えます)


ですが、驚くほど安く買う方法があるのです。
それは、学生として、アカデミック版を購入すればよいのです(だんだん胡散臭くなってまいりました)。
アカデミック版とは、学生向けに安く販売するサービスです。機能は変わりません。
アカデミック版だと、今は↑のパッケージが8万円位で買えます。
学生なら問題ないのですが、社会人には難しい話。
そこで、オンラインスクールという通信教育を利用します。

ぶっちゃけた話、講座とか一度も受けなくて大丈夫です。
入会すれば、一定期間ネットスクールに在籍している学生という事になるので、そこで「CS」シリーズを購入します。

ですが、ちょっと不安ですよね。
本当に大丈夫なのかどうか…。
なので私は、アドビに電話で問い合わせまでしました。
そしたら、なんの問題もありませんとの返答を頂いたので、本当に合法な裏技です。

私は受講料、ソフト代込みで、当時(2~3年前)トータル11万5千円で購入できました。
興味がある方は、詳しくはご自身でお調べ下さい。



こんな感じで仕事してます。
今はコンテもフォトショップで描いています。
液タブはwacomの『Cintiq 12WX』
シリーズの中で、一番小さいやつです。
大きなものは、イラストを書く人以外使いにくいと思います。
10万円ほどしますが、完全に元はとりました。
これナシでは仕事できません…。
立たせる事もできるので、使っていないときはサブモニターとしても使えて便利です。
通常のタブレットよりも断然お勧めです。
ちなみに私は同社の通常のタブレットである『intuos4』も買いましたが、直接ペン先で描けないのが作業的に使いにくく、
買ってすぐに白狐の吉川氏に1万円で買い取ってもらいました。
液タブに内臓されているのはintuos3ですが、書き味は全然問題ありません。

ちなみにこの液タブ、数年間、新型が発売されていません。
一年ほど前、wacomに電話で問い合わせたところ、新型の発売予定は今のところありませんとの事。
まぁ、これでも満足はしていますが、そろそろ新型が出て欲しいところ。



■2012-03-28

「刀語」と「ティアーズ・トゥ・ティアラ」の原画を上げてみました。


「刀語」の原画はこちら


「ティアーズ・トゥ・ティアラ」の原画はこちら



■2012-03-28

少し「Rewrite」の原画などを上げてみました。



その他の原画はこちら



■2012-02-23

今日は、Studio五組さんの新社屋にお邪魔してきました。
もとサンジゲンさんの入っていたビルです。

それで、今日は新しいお仕事を頂いて来ました。
タイトルはまだ言えませんが、五組さん元請けの新番組です(咲ではない)。

今回はコンテから処理(演出)までお受けする予定なので、机も用意して頂きました。
五組のみなさん、宜しくおねがいします!



■2012-01-03

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年は私、年男です。
いろいろと頑張りたいと思います!



■2011-12-24

「天衝」の名前に変えてから数ヶ月経ちました。
実はこの名前、業界関係の方にもまだあまり伝えていません。
今このページを発見した方は、必殺技名なんかを検索して間違って来てしまった人でしょう。

実は私、「Rewrite」の仕事の後、半年ほど休業していたのです。
もちろん遊んでいたわけではなく、その間ずっとデジタルの勉強をやっていました。

フォトショップは以前から使っていたので、AEや3Dなどを一通り勉強しました。
特に3Dは以前からずっと興味を持っていたんですが、なかなか勉強する時間が取れなくて、思い切って長期休業に思い立ったわけです。
貯金は吹っ飛びましたが。

でも、おかげでモデリングからアニメーション、撮影、編集まで出きるようにはなりました。
まだ簡単な事しか出来ませんが、目的はアニマティクス、プレビズ制作と、作画ガイド作成なので十分です。
最終的には手描きに変換しますから。
面白いカメラワークや、手描きじゃ難しいLOなどいろいろ応用できそうです。

・・・というわけで、半年間の休業後にアニメ業界復帰となったわけですが、
私にとって、今は人生の折り返し地点(年ももう35ですし)。
また、以前の名前のままではどうしてもアニメーター、作画監督としてのイメージのほうが強い為、
演出中心の活動にシフトするには思い切って名前を変えてしまった方がいいのでは? という気持ちもあり、
再出発の気持ちで「天衝」と名前を改めました。

来年は「天衝」の名前をみなさんに知ってもらえるよう、精力的に活動をしていきたいと思います。



■2011-09-29

はじめまして。天衝といいます。
フリーになったばかりですので、新しい出会いに期待しています。
いろいろ出来ますので、お仕事などご相談ください。
アニメ業界外の方々もご連絡お待ちしています。







inserted by FC2 system